Category : 野菜の効能
ファイトケミカル(フィトケミカル)とは、植生化学物質あるいは植物性機能性成分などと呼ばれる野菜など植物に含まれる物質。ちなみに、ファイトと言うと「戦う」が思い浮かびますが、「Fightchemical」ではなく「Phytochemical」です。

人は食物を食べることで、蛋白質、脂質、炭水化物の三大栄養素の他、ビタミン、ミネラルも含めた五大栄養素を摂取するわけですが、それら栄養素のカテゴリーには属していないものの、その重要な役割が注目されているのがファイトケミカルです。

では、具体的にファイトケミカルが何か?と言えば、植物に含まれる色素や香り、灰汁(あく)などで、植物自身が環境における有害物質や害虫から身を守るために作り出す成分です。主なファイトケミカルを挙げると、

【アントシアニン】ブルーベリーや赤しそなどの赤や青、紫の色素で抗酸化作用を持つとされる。
【イソフラボン】大豆などに含まれる成分で、骨粗相症や更年期障害に有用とされる。
【セサミン】胡麻に含まれる成分で、コレステロール低下に役立つとされる。
【リコピン】トマトなどに含まれるカロチンの一種。抗酸化作用があるとされる。
【カプサイシン】赤ピーマンや赤唐辛子に含まれ、抗酸化作用があるとされる。
【ルテイン】緑黄色野菜に含まれる黄色素。抗酸化作用のほか、眼の病気予防に効果があるとされる。

これらは数あるファイトケミカルの一例です。五大要素に加えてファイトケミカルはもちろん、食物繊維も取り込める野菜は食生活に極めて重要ですね。

プロフィール

yumeyasai

Author:yumeyasai
「丹波篠山(たんばささやま)」として知られる篠山市は、兵庫県中東部に位置し、その四方を小高い山々に囲まれています。盆地特有の寒暖差と山々から流れ出る豊富な湧き水、そして晴れた午前に立ち込める深い霧が、黒大豆や丹波栗、山の芋や松茸といった全国的に有名な特産物を育んでいます。

こうした豊かな環境で育った野菜たちも、本来の味をしっかりと蓄えています。大量生産で規格のみが優先されてきた結果、小売店には見栄えが良いのに味の薄い野菜が溢れているとお感じになりませんか?

安全・安心は当たり前、そのうえで真に味のある美味しい野菜を丹精込めて作り、皆様の食卓へお届けしています。

<丹波篠山・夢野菜>
所在地:兵庫県篠山市味間奥
業 態:農産物の生産及び宅配

ホーム・ページはこちらから

ご意見・ご質問などありましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: