Category :
この数か月間、ハウス二棟が建つ畑にモグラが侵入して悩まされていました。ちなみに、モグラ自体は地中のミミズや昆虫などを捕食する完全な肉食動物なので、畑に植わっている野菜をかじることは一切ありません。が、植わっている野菜の下をモグラが進むと地中に空洞が出来るため、野菜の根が乾燥して生育に影響が出るわけです。「あれ?何で萎れているんだろう?」と畝の土を押すと、大抵は地中に掘られたトンネルに気付きます。

IMG_1112 - コピー

当初は「そのうち、どこか違う畑に行くだろう」と放置していたのですが、毎日新たなトンネルを発見→穴を埋める→翌日新たな穴が出来ている→また埋める→翌々日、新たな穴が、の繰り返し。モグラほどの我慢強さを持ち合わせていないため、最終的に駆除することに…。

IMG_1114 - コピー

地中に電子音を発する装置など、モグラ退治グッズを幾つか試してみましたが、最終的に確実だったのがこれ。古典的な捕獲器です。筒の一方だけが空いていて、入口近くに内側にしか開かないストッパーがあるため、一旦入ったら二度と外に出れない仕組みになっています。二本セットとなっているのは、トンネルの中のモグラがどちらから現れてもいいように背中合わせに設置するため。

さて、『モグラ おもしろ生態とかしこい防ぎ方(井上雅央・秋山雅世著、農文協)』によると、モグラが掘るトンネルには3つのタイプがあるそうです。まずは「幹道」と呼ばれるもので、巣に通じるトンネルとなっており、地下30センチくらいの深さを走っているため、探るのが極めて困難。次は、「生活道」と呼ばれるもので、エサを探す場所に移動するための幹道から派生したトンネルのこと。日常的に使われるトンネルであり、比較的浅い場所に掘られているため発見は容易。そして、最後が「探餌道」と呼ばれる餌探しのための末端トンネル。これは「生活道」から餌を探すために掘り進められたトンネルで、極めて浅い場所に掘られていることから発見はしやすいが、一度限りの利用が珍しくないらしい。

実は、畑の畝に空いているトンネルはこの『探餌道』であり、潰されても一切気にせずに翌日には違う場所に穴を掘り進めていきます。従って、このトンネルに捕獲器を設置してもモグラは捕れません。一方、毎日往き来する『生活道』はモグラにとって非常に重要なトンネルであることから、これを破壊した場合、翌日には綺麗に補修されています。つまり、ワナを掛ける場所は、この「生活道」ということになります。

IMG_1117 - コピー

これらの点を理解していれば、モグラの捕獲は簡単です。実際、設置後わずか半日で、モグラが掛かりました。一日に体重の半分程度の餌を必要とする大食漢のモグラのことですから、「生活道」を通らない日はあり得ないのでしょう。

この捕獲劇があったのが、およそ2週間前。モグラは通常一匹で生活しているため、一匹捕ってしまえばあとは畑にとっての平和が訪れます。夢野菜のハウスも以前のように、野菜達にとって住みやすい環境に戻りました。

IMG_1125 - コピー


しかし、モグラの前足というのはゴツイですね。5本指を生やした手の平はシャベルのように頑丈そうで、何よりもその大きさに驚かされます。こんな道具があるから、地中をガンガン掘り進めるのでしょう。捕獲を通じて、モグラが少し身近な存在となりました。

雨が多いせいか、今年の夏は例年以上に雑草の生育状態が良好です。陽が射せばグンと伸びるし、雨が降ったら降ったでまたグンと伸びるし、非常に厄介です。雑草が覆い茂っている畑は見栄えが悪いのはもちろんですが、害虫の温床になったり、風通しが悪くなることによる作物の病気も困るため、草刈りをする必要があります。

2014 08 003 - コピー

いつも綺麗に刈ってある状態がベストなのですが、なかなかそういうわけにもいかないので、こんな状態になってしまいます…(汗)。で、慌てて草刈りをします。

2014 08 005 - コピー

畑の「Before」と「After」、とても同じ畑とは思えません。夏場は、こうして管理している複数の圃場を(必要に応じて)順次草刈りしていきます。作業する本人も気持ちが良いし、「次はもう少し早い段階で手を入れよう」と誓うわけですが、畑一枚の草刈りにはそれなりの時間が掛かるし、結局毎回同じことの繰り返しとなってしまいます…。
本日、篠山市に隣接する丹波市の有機栽培農家にお邪魔しました。梅雨の開ける7月中旬から8月のお盆の時期に掛けて、太陽熱を利用して土壌の殺菌、雑草の種や害虫駆除を行う太陽熱処理(太陽熱消毒)の現場を見学するためです。一年のうちで最も気温の高いこの時期にある程度の湿度がある土壌に透明マルチ(ビニール)を敷いて殺菌や駆除を行う方法で、農薬を使わない有機栽培では広く知られた手法です。

2014 07 017 - コピー

今回は8月にニンジンの播種を計画している圃場の見学でしたが、綺麗にマルチが掛かっている一角に獣の足跡が残っていました。足跡と爪痕を見れば分かりますが、何を隠そうこれは熊が歩いた跡です。

普段、篠山で農作業をしながら「シカって迷惑」「イノシシも困る」との感想を持っていましたが、そんなものはちっぽけな悩みだったんでしょう。熊が出ないだけ、感謝しないといけないですね…。

初夏に急遽預かることになった新たな畑3枚、ここから暑くなる時期で他に植えるものが無かったことから、とりあえず丹波黒を定植したわけですが、この苗たちの葉っぱは2週間後のある日、キレイさっぱり無くなっていました。犯人は鹿。茎を残して見事なほどに葉っぱを食い尽くします。その食べっぷりに怒る気にもならないのですが(呆れたけど)、対策を講じないととてもじゃないですが次の作物を植えられません。

その対策のための製品が届いたので、一人でコツコツと設置し始めました。電気柵です。畑の周囲に張り巡らしたワイヤーに電流を通して害獣の侵入を阻む仕組みです。イノシシ相手なら2段くらいのワイヤーで済みますが、上背のある鹿を相手にするのでワイヤーは4段構え。コストも手間も掛かりますね…。

2013 09 009 - Copy

2013 09 010 - Copy

2013 09 002 - Copy

そんな畑の一枚の電気柵の設置が終了し、早速、冬採りキャベツを定植しました。この後、ダイコン、カブ、ホウレン草、水菜、春菊、からし菜の種を順次播いていく予定です。

何も篠山に限ったことではありませんが、9月になってからの不安定な天候により、稲作農家や野菜農家を問わずその農作業スケジュールに大きな影響が出ています。

2013 09 002 - Copy

稲作農家にとって9月上旬といえばちょうど新米の収穫時期にあたりますが、連日の激しい雨によってコンバインを田んぼに入れられないばかりか、雨に打たれた稲が倒伏しているため作業にてこずっています。大型コンバインであれば倒伏した稲の刈り取りも可能ですが、一般的な兼業農家が保有するサイズでは大きく倒れた稲は刈れません。結果として、それらは手作業で行われます。機械化が進んでいるからこそ兼業できる稲作、そして機械化が進んでいるからこそ高齢農家も続けている稲作ですから、そこに入る手作業の負担は決して小さくないでしょう。

一方、野菜農家にとってのこの時期は、秋冬野菜の種蒔きや苗の定植を進めなければいけない大切な時期です。秋から冬にかけて収穫する野菜は、当然のことながらここからの「日照時間が短くなる」「気温が低下する」環境で栽培するため、育てるのに時間が掛かります。1週間種蒔きが遅れると収穫は1ヶ月遅れとなると言われる所以です。

「雨が上がれば畝(うね)を立てて種蒔きすればよい」ような気もしますが、水分を含んだ畑を耕して畝を立てると土がゴロゴロの塊となって野菜栽培に向きません。ある程度、畑が乾く必要があるわけで、雨が上がったからといってすぐに農作業に戻れるわけではありません。

世間の煩わしさから離れて悠々自適の生活を送ることを表現した「晴耕雨読」という言葉がありますが、晴れても家に篭って読書をするしかない場合もあるのです・・・(笑)。

プロフィール

yumeyasai

Author:yumeyasai
「丹波篠山(たんばささやま)」として知られる篠山市は、兵庫県中東部に位置し、その四方を小高い山々に囲まれています。盆地特有の寒暖差と山々から流れ出る豊富な湧き水、そして晴れた午前に立ち込める深い霧が、黒大豆や丹波栗、山の芋や松茸といった全国的に有名な特産物を育んでいます。

こうした豊かな環境で育った野菜たちも、本来の味をしっかりと蓄えています。大量生産で規格のみが優先されてきた結果、小売店には見栄えが良いのに味の薄い野菜が溢れているとお感じになりませんか?

安全・安心は当たり前、そのうえで真に味のある美味しい野菜を丹精込めて作り、皆様の食卓へお届けしています。

<丹波篠山・夢野菜>
所在地:兵庫県篠山市味間奥
業 態:農産物の生産及び宅配

ホーム・ページはこちらから

ご意見・ご質問などありましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: