Category : 思うこと
現在、レタスの播種もしています。暑い季節のサラダに入っているレタスが美味しいから、レタスって夏の野菜のような気がしますが、実は暑い時期には育ちません。冬から春先に掛けての寒さが緩む季節と、夏から秋に掛けての暑さが緩む時期に栽培します。 今年の秋もリーフレタス2種(赤と緑)に玉レタス、そしてロメインレタス(コスレタス)を育てます。

2014 08 004 - コピー

どういうわけか、レタスの種に触れる度に「乳幼児の爪」を思い出します。自分で言うのもなんですが、我が家の子供達が乳幼児の頃、かなり広範囲の育児に関わりました。でも、唯一出来なかったのが「爪切り」。小さな指先の、これまたちっちゃくて薄い爪先に爪切りをあてるのが、なにか傷付けてしまいそうで恐くて出来なかったわけです…(笑)。

薄くて小さなレタスの種は、そんな頃を思い出させます。きっと、育児以前にレタスの種に触れる機会が十分にあれば、乳幼児の爪切りも問題なくこなしたのかも知れません。これから育児をされる男性は、家庭菜園規模で構わないのでレタスの種子に触れておくことをおススメします。

「旬」という言葉、どこか贅沢な響きがあります。一般的に「旬」とは食材に対して使われますが、四季のうちでその食材が最も美味しくなる時期を指します。魚介類などでは当たり前のように使われている「旬」ですが、こと野菜に関しては「野菜に旬?」という声も多いのではないでしょうか。

現在、様々な野菜が促成あるいは抑制栽培などによって年間を通じて店先に出回っているため、野菜ごとの旬が非常に分かりづらくなっています。しかし、どのような野菜にしても、そのルーツを辿れば自然界に自生していた植物に到達するわけです。それらの品種改良を重ねた結果、現在の野菜となっていますが、それでも本来の生育時期は決まっています。そうした野菜の特性と栽培地の環境において自然に収穫期を迎えたものが、「旬の野菜」と言えます。

では、「旬の野菜」の何が良いかと言えば、ずばり栄養価です。昭和20年代に初めて『日本食品標準成分表」が公表されて以来、数回の改訂を経ている科学技術庁(現文部科学省)の統計ですが、最新の五訂成分表(2000年)とその18年前(1982年)に公表された四訂成分表を比較するとビタミンやミネラルにおいて著しい減少傾向を辿っています。例えば82年のホウレン草のビタミンCは、最新データでほぼ半減しています。これは、旬の野菜が中心であった当時と比べて、旬以外の季節に生産された野菜が増えたためでしょう。私達は、いつでも購入できるという利便性を手に入れる一方で、栄養価という大切な要素を失っているような気がします。ちなみに、冬のホウレン草は晩夏のホウレン草の4倍ものビタミンCを含有しています。

旬の野菜の味は贅沢ですが、決して高価な食材ではありません。上述したホウレン草を例にとれば、旬のホウレン草と同程度のビタミンを摂取しようとすれば、夏にはその4倍を食さなければならないことになります。食というものが食欲のみを満たせば良いのであればともかく、食を介して栄養価を採り入れることに重点を置けばどちらが安価と言えば自ずと答えが出ていますね。野菜の旬、大切にしたいものです。


プロフィール

yumeyasai

Author:yumeyasai
「丹波篠山(たんばささやま)」として知られる篠山市は、兵庫県中東部に位置し、その四方を小高い山々に囲まれています。盆地特有の寒暖差と山々から流れ出る豊富な湧き水、そして晴れた午前に立ち込める深い霧が、黒大豆や丹波栗、山の芋や松茸といった全国的に有名な特産物を育んでいます。

こうした豊かな環境で育った野菜たちも、本来の味をしっかりと蓄えています。大量生産で規格のみが優先されてきた結果、小売店には見栄えが良いのに味の薄い野菜が溢れているとお感じになりませんか?

安全・安心は当たり前、そのうえで真に味のある美味しい野菜を丹精込めて作り、皆様の食卓へお届けしています。

<丹波篠山・夢野菜>
所在地:兵庫県篠山市味間奥
業 態:農産物の生産及び宅配

ホーム・ページはこちらから

ご意見・ご質問などありましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: