Archive
ハウス栽培のミニトマトが、大玉トマトに先駆けて収穫期に入ります。初めて手掛けた施設トマトですが、何とか収穫に辿り着ける見通しとなったことで一安心。ここから7月下旬に向けて、順次、トマトの収穫を行う予定です。

2015 06 012 - コピー

艶々した色合いの完熟ミニトマトを収穫していきます。夢野菜がお届けする「旬のトマト」「旬の生ニンニク」は、単品での発送も承ります。価格など詳細は、ホームページに記していきますので、お見逃しなく!

予定より少し早めですが、生ニンニクの収穫を始めました。ユリ科のニンニクは、洋の東西を問わず様々な料理の引き立て役。年間を通じて常にキッチンの片隅に用意しているご家庭も多いと思いますが、そんなニンニクにも旬があります。現在、収穫期を迎えている生ニンニク(Fresh Garlic)がそれです。

2015 06 004 - コピー

保存可能な状態で店先に並んでいる半乾燥状態の通常のニンニク(Dried Garlic)と異なり、外皮もしっとりとしているばかりか、ニンニク自体に含まれる水分も非常に多い食材です。ニンニク独特の風味はそのままですが、遥かにマイルドな辛味で「ジューシー」とか「クリーミー」という表現がよく似合います。

2015 06 015 - コピー

実は、ニンニクは野菜の中でも糖度がスバ抜けて高いことで知られています。ちなみに、マスカットやスイカの糖度は、20%(20度)を下回る水準です。「果物のように甘くないでしょ?」という疑問は尤もですが、これは果物に含まれる「単糖類」と呼ばれる最小単位の糖質で舌の甘味受容体に反応しやすいのに対して、ニンニクなどのように複数の糖が結合した「多糖類」では甘味を感じることが出来ません。

しかし、体内で糖の繋がりを断ち切るのに時間が掛かる多糖類は、長く効くエネルギー源として非常に役立っています。特にブドウ糖が主要なエネルギーとなっている脳にとって、じっくりと作用する多糖類は重要な役目を担っているようです、旬の「生ニンニク」、是非、お試しください!

今年、例年の作目に新たに施設トマトを加えたことから、多忙極まりない状態となっている夢野菜ですが、何とか切り抜ける目途が立ってきました。農業に限らず、一人の人間が限られた時間に出来ることは僅かなことです。休みも全くない状態で走り続けている最中は、「ちょっと欲張り過ぎたかな?」と反省するのですが、そこに目途が立つと翌年度は更に『出来ることの懐』が広がるから不思議です。

そんな感傷的なブログを書いているのは、トマトの一つが色付き始めたからです。大玉トマト、ミニトマトの合計600本のトマトが植わっていて大量の緑色のトマトがぶら下がっているのですが、その中のたった一つが赤くなってきました。

2015 06 006 - コピー

報われる瞬間です!今年は特に気温が高いので、積算温度の累計で赤く着色するトマトが熟すのは例年より早いと思うのですが、それでも施設トマトの初心者にとっては喜び以外の何ものでもありません。きっと、ハウスの中に沢山の赤いトマトが生る頃にはこの気持ちは薄れてしまうのでしょうから、記しておくことにします…。


プロフィール

yumeyasai

Author:yumeyasai
「丹波篠山(たんばささやま)」として知られる篠山市は、兵庫県中東部に位置し、その四方を小高い山々に囲まれています。盆地特有の寒暖差と山々から流れ出る豊富な湧き水、そして晴れた午前に立ち込める深い霧が、黒大豆や丹波栗、山の芋や松茸といった全国的に有名な特産物を育んでいます。

こうした豊かな環境で育った野菜たちも、本来の味をしっかりと蓄えています。大量生産で規格のみが優先されてきた結果、小売店には見栄えが良いのに味の薄い野菜が溢れているとお感じになりませんか?

安全・安心は当たり前、そのうえで真に味のある美味しい野菜を丹精込めて作り、皆様の食卓へお届けしています。

<丹波篠山・夢野菜>
所在地:兵庫県篠山市味間奥
業 態:農産物の生産及び宅配

ホーム・ページはこちらから

ご意見・ご質問などありましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: