上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も丹波黒の枝豆のシーズンがやってきました。枝豆というと「夏のビールのお供に」というイメージの強い食材ですが、実は最も美味しい枝豆は10月に収穫時期を迎えます。正月のおせち料理に使われる黒豆の中でも丹波篠山の黒豆は全国最高峰の黒豆として広く知られていますが、この黒豆をまだ若莢(枝豆)の状態で摘み食いするのが篠山の10月の贅沢です。

201 024 - コピー

夏に収穫される枝豆は早生種と呼ばれる栽培期間の短い豆ですが、丹波黒(たんばぐろ)は夏を超えて畑でじっくりと栽培される品種です。その粒の大きさと深い味わいは、誰をも魅了します。

さて、この丹波黒の若莢ですが、魚介類ならまだしも農作物としては極めて珍しい解禁日が設けられています。今年の解禁は10月5日(土)。9月の少雨から、市内全般に生育が若干遅れていますが、第二週目からは本格的に販売が開始されます。10月いっぱいの僅か3週間ちょっとの販売期間ですが、この間、日を追うごとに畑での熟成が進み、10月下旬ともなると黒豆らしく豆は黒ずみ始め、莢は熟成の証ともいえる黄色を帯びてきます。10月上旬、中旬、下旬の枝豆を食べ比べて頂ければ、この熟成の進み方に驚かれるに違いありません。

夢野菜では、10月9日(水)発送分からこの枝豆を販売します。かつて、グルメ漫画の『美味しんぼ』にて「最高の枝豆」と称された丹波篠山の大地に生る枝豆、是非、お試しください!昨年は消毒を一度に限り施していますが、今年は完全無農薬で栽培しています。

☆単品では、内容量500g入り1000円、1kg入り1800円(送料別)でお取扱い致します。もちろん、野菜やお米と同時の発送であれば、送料は一切掛かりません。

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

yumeyasai

Author:yumeyasai
「丹波篠山(たんばささやま)」として知られる篠山市は、兵庫県中東部に位置し、その四方を小高い山々に囲まれています。盆地特有の寒暖差と山々から流れ出る豊富な湧き水、そして晴れた午前に立ち込める深い霧が、黒大豆や丹波栗、山の芋や松茸といった全国的に有名な特産物を育んでいます。

こうした豊かな環境で育った野菜たちも、本来の味をしっかりと蓄えています。大量生産で規格のみが優先されてきた結果、小売店には見栄えが良いのに味の薄い野菜が溢れているとお感じになりませんか?

安全・安心は当たり前、そのうえで真に味のある美味しい野菜を丹精込めて作り、皆様の食卓へお届けしています。

<丹波篠山・夢野菜>
所在地:兵庫県篠山市味間奥
業 態:農産物の生産及び宅配

ホーム・ページはこちらから

ご意見・ご質問などありましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。