上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢野菜では、今年も「丹波黒」を栽培しています。半月ほど前に定植した黒豆、雨が少ないせいか非常に緩やかな成長を見せていましたが、ここ数日間はグングンと伸び始めています。丹波篠山の黒豆と言えば国内最高峰のブランド黒豆として有名ですが、熟れる前の若い膨らんだ莢の状態で食す黒枝豆は関西であればともかく、関東以北ではまだまだ知らない人も多いのではないでしょうか?

2014 07 001 - コピー

篠山では昔から食べられていたようですが、実は関西で知られるようになったのもこの30年弱くらいのことだそうです。日本経済でバブルが膨らみ始めた80年代後半に丹波地方で開催された「食の博覧会」で紹介されたのをきっかけに一躍脚光を浴び、更にグルメ漫画の『美味しいんぼ』で「国内最高級の枝豆」として取り上げられたことで一気に広まりました。

大豆100粒当たりの重さは、一般的に知られた白大豆の30グラム程度に対して丹波黒は80グラムほどで、大豆の中では世界一のサイズを誇ります。また、夏にビールのお供に食べる早生の枝豆と異なり、畑でじっくりと育てることから旨さが凝縮しているため、初めて口にする人は誰しも驚きます。何を隠そう、私もそうした一人でした…。

さて、一旦ブランドとして浸透すると、近隣地域はもちろん、遠くは中国地方などでも栽培されているようですが、丹波篠山産の黒枝豆が別格でいられるのには理由があります。この地は盆地特有の気候で夏と言えども夜間には気温が25℃以下に下がります。この「25℃以下」という温度差がキーポイントで、同じ品種を育てても仕上がりが異なるわけです。

今年10月も、皆さまの食卓へお届けできるよう大切に育てていきたいと思います!

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

yumeyasai

Author:yumeyasai
「丹波篠山(たんばささやま)」として知られる篠山市は、兵庫県中東部に位置し、その四方を小高い山々に囲まれています。盆地特有の寒暖差と山々から流れ出る豊富な湧き水、そして晴れた午前に立ち込める深い霧が、黒大豆や丹波栗、山の芋や松茸といった全国的に有名な特産物を育んでいます。

こうした豊かな環境で育った野菜たちも、本来の味をしっかりと蓄えています。大量生産で規格のみが優先されてきた結果、小売店には見栄えが良いのに味の薄い野菜が溢れているとお感じになりませんか?

安全・安心は当たり前、そのうえで真に味のある美味しい野菜を丹精込めて作り、皆様の食卓へお届けしています。

<丹波篠山・夢野菜>
所在地:兵庫県篠山市味間奥
業 態:農産物の生産及び宅配

ホーム・ページはこちらから

ご意見・ご質問などありましたら、お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。